事業継続の蓋然性

 またまた東京方面からお客様がご来店くださいました。8年ほど前、千葉市の高校生だった頃、我孫子まで足を運び七味ちゃんTシャツに出合い、それから猫が好きになった、というか自分が猫好きだということを発見したというHさん、いまは猫カフェに通うほど猫が大好きになったということです。一着のTシャツによって人が新たな価値を見出すなんて、わたしは想像もしませんでした。Hさんは我孫子洋品店をインターネットで探し、ここ清水の栗林デンキに辿りついたということです。8年という歳月と距離を越えて繋がり、商人として感慨無量、やっぱり商売続けてよかったなぁとつくづく思いました。

東京からのお客様

写真はNGということですが、この大きさなら大丈夫ですよね?Hさんどうもありがとう。


七味ちゃん再掲載

遠いところから来てくれたお客様に七味ちゃんを会わせてあげられないのが残念です。後になって、生写真プレゼントすればよかったなぁと悔やんでます。で、大きい画像を再掲載しました。ぜひパソコンの壁紙などに使ってください。

今日は牧の原からもちきりやファンのお客様もご来店いただきましたので、やっぱりなんとかこのままぎりぎりですが商売を続けたいなぁとホントにホントに思ったのでした。

あ、八坂町のY下さんもありがとうございました。

コメント
そうなんだよ。
一人でもお客さんがいると店を閉められない、近所の喫茶店に似てる話だよな。
がんばれクリちゃん!
  • あきやん
  • 2010/09/22 8:09 AM
うんうん、そうなの。
近所の個人経営の喫茶店に似てるね、いい喩えだ。
お客さん、少なくとも7人はいるけどね。
あきやんもたまには来てちょうだい。珈琲飲みに。
  • kuriden#3
  • 2010/09/22 3:29 PM
コメントする








   

kuriden3をフォローしましょう Instagram

selected entries

categories

links

search this site.

          

ヤフオクもよろしく

recent comment

archives

others

mobile

qrcode