燃料の価値あれれ

エル・ドラードにて葡萄酒。
24Hの西湯にてきのこと豆腐と野菜と一緒に煮られて喰われる。誰に?仕上げはおじや。
ついでに、セルフで燃料補給。
ガソリンが安すぎる。
1リットル1万円くらいだったらあきらめがつくのに。
夜、入坑。坑内が陰圧になり酸欠、及び硫化系のガスが発生。
むーちゃん、ケロケロ鳴き止みぐったりなった。職の安全。

●追記(3.69ヶ月後)
ガソリンが1リットル1万円だったらガソリンを買うのは一部の富裕層だけになり、庶民は自動車に乗らなくなる。となると、人々の移動手段は徒歩または人力車、かご、馬車、犬橇、キックボード、ローラースケートといった乗り物になる。
となると、交通事故が減るし渋滞もなくなる。舗装された道路がそれほど必要なくなるから国会でえらいおじさんがたが財源がどうのこうのとか道路作りに絡む利権争いをしなくなる。大気汚染や騒音が減るから静かになるし地球温暖化防止になればツバルは沈まなくなるかもしれないし、エネルギー資源枯渇の心配がなくなる。わざわざ郊外の大規模複合商業施設に行って買いものをしなくなり、近所の商店街が活性化する。歩くことによって人々の運動不足が解消されてみんな健康になる。ガソリンスタンドは馬場、馬屋、馬蹄職人、鞍屋、飼葉屋などになり繁盛する。あれ?いいことばっかりじゃないの。でもな、物価すべてが高騰するだろうし、失業者が大量に発生するだろうな。あ、でもみんな失業してるんだからいいじゃないか、働かなくてもすむならこりゃいいじゃん、あっはっは、ってんで価値観が変わり、みんな物の豊かさや富を求めることもなくなり、...なんてことをぐだぐだ考えていた、あの頃。

コメント
コメントする








   

kuriden3をフォローしましょう Instagram

selected entries

categories

links

search this site.

          

ヤフオクもよろしく

recent comment

archives

others

mobile

qrcode