ラジオ付き懐中電灯

ナショナルラジオ付き懐中電灯
ラジオ付だから恐い夜道もちょっと楽しく歩けます。夜釣りにも便利ですね。そして何よりも災害、緊急時には役に立つこと間違いなしですね。


この垢抜けないデザインがまたたまらないですね。取っ手が木製なのもいい感じ。真空管からトランジスタにと技術革新があった頃、1960年代後半あたりのものなのでしょうか。
今はもう造られていないもの、あとは錆びて色褪せていつか故障するだろうと思われるもの、だからこそ、より愛着が高まるのかもしれません。


あまり見かけないナショナルのロゴです。その下の「MADE IN JAPAN」の文字(見にくいけど)が誇らしげな感じです。

骨董品とは言いませんが、僕にとっては大事な栗林電器の商品です。乾電池式なのでPSE法の対象外ですから売ることはできますが、売りません。...って、これ欲しい人いないよね。


解体中の今日のヤオハン。

コメント
どうもお久しぶりのカキコです。こないだ実家に帰った時に解体中のセイフーを見ました。いやいや、ホントになくなってしまうんだなぁ(;^_^A 2年以上もバイトした所がなくなるってホントしのびないもんです。
しかも我が母校の庵原小学校も老朽化に伴い今新築しています。こないだ見てみたらグラウンドにプレハブ建てて現在建築中のようでした。けど1年生の教室の方だけまだ残ってたので友人二人と懐かしい懐かしいとノスタルジーにふけってました(教室は俺らが小1当時の時と同じ場所だった)夜中に入って見ていたのではたから見たらちょっと怪しかったかも??(笑)
 新製品発掘ですか??

東海地震が懸念されている我が街には、必需品ですね!!

 また拝見させて下さい〜〜
  • しろさに
  • 2006/05/09 12:36 PM
☆時雨さん
おひさしぶりです。
そっかそっか「セイフー」でしたね。
僕は「セイフー」の頃は清水にいなかったので、どうしても「花菱」「ヤオハン」と書いてしまいます。しつれい。
巴町の立体駐車場も解体してるし、このあたりの風景はかなり変わるでしょうね。
小学校に夜中に入ってたら、そりゃ怪しいですね。
というか恐くないですか。誰もいないはずの教室からオルガンの音が聞こえてきたりして。

☆しろさにさん
お待ちしています♪
次回入場料はサービスしますよ。
  • kuriden#3
  • 2006/05/09 3:49 PM
こりゃまたかっこういいですね。ラジオ付懐中電灯の原型はこんな古かったとは!さすが松下電器。次は二股ソケット復活か?

ところでこれはトランジスタ?MW(中波)とあってAMではないところからするとFM放送以前の代物?このクラシカルなロゴも見たことない。取っ手はアイロンのものを流用したんじゃないかな。古い電気製品は、なんか意味無く楽しいね。
  • エレキング真丹後
  • 2006/05/09 6:13 PM
エレキングさん、詳しいですね。さすが!
これ、製造年がはっきりわからないんですが、真空管じゃないですよ。トランジスタだと思います。バッテリーは電灯ユニットに単一3本、ラジオ用には別回路で9V形の四角い電池1本を使っています。ご興味ありましたら見に来てくださいね。入場料サービスします。
二股ソケットは去年1個だけ売れました。復活の兆しでしょうか。
  • kuriden#3
  • 2006/05/10 1:12 AM
コメントする








   

kuriden3をフォローしましょう Instagram

selected entries

categories

links

search this site.

          

ヤフオクもよろしく

recent comment

archives

others

mobile

qrcode