フリゴン鉱山の歴史(1)

春先から近所のヤマで鉱夫として働きはじめた。
あまり知られていないのだが、というか誰も知らないと思うけど、小規模ながら清水にも鉱山があるのだ。鋳物師町とか鍛冶町といった町名があるように、この土地では昔から製鉄や鋳造、金属加工業が盛んで、今でもなんとかライトメタルKKとか△△合金、○○重金属株式会社、某銅鐵店といった大手から中小零細までの多くの製鉄工場、銅鐵問屋、鍛冶屋、鉄工所があったり、造船所があったり、フリーの鋳物師がいたりする。中でも高度資本主義の超効率化といった風潮に迎合しない一部の頑固な職人には地元の鉱物資源の需要があり、そのおかげで近所のこの鉱山も零細ではあるが辛うじて残っているらしい。えー、清水に鉱山なんてあるわけないじゃん、うそつき。などと思われてもしょうがない。誰も知らないのだから。でもね、ホントにあるんだからしょんないじゃん。
ちょうど今から300年前、宝永4年、西暦1707年12月に富士山の大噴火があった。5代将軍綱吉の治世でのことである。「綱吉はプードルとチワワが大好きだったんですよ」と日本史の授業で桜井先生が言っていたのを思い出したが、そんなことより富士山大噴火の翌年の6月、つまりちょうど299年前、おいおい299は「ちょうど」とはいわないだろ、なんて思うかもしれないが、299だとちょうど「にくくう」といった語呂合わせになって面白いじゃんね、ってそんなこともどうでもいいが、とにかくこの年、鍛冶町の鍛冶屋でたたら踏みの下働きをしていたゴン吉は、親方の申し付けで吉原まで炭を買いに行った。ゴン吉の本当の名前はフリオ・ゴンザレスなのだが、親方に「そんな長ったらしくて伴天連みたいな名前でよばれるなんざ300年早いわ」と名前を変えられてしまった。ゴン吉にはそれが悔しかった。というのも、ゴン吉なんて狐みてえじゃねぇかよ、オレはそんな狐みたいな名前はイヤだ、オレにはちゃんとフリオ・ゴンザレスってえ粋な名前があるんだ。英語的にはジュリオともいうんだぜ。それをなんなんだあのオヤジは、オレを狐みたいに呼びやがって、てめえはマントヒヒみたいな顔のくせによ。などと思っていたことも確かであるが、ゴン吉は8年前までは魚町で鮮魚の販売と仕出し、つまり魚屋を生業としていて、店は味も鮮度も腕前も評判よく、そのうえ男前だといって江尻の宿のおかみさんや朝帰りのきれいな芸妓衆、キャバ嬢などにモテモテで、ときに店先で唄ったり踊ったりすると、わぁ、きゃー、フリオちゃーん、などと黄色い声でちやほやされたりしてゴン吉は喜色満面、有頂天、ヨー、ヨー、オレってサイコ−、などと、この世の絶頂を味わっていたのである。それがなんだ、今のオレのこのざまは。なんで鍛冶屋の下働きなんかしなきゃなんねんだ。まいっちゃうよ、ギコギコたたら踏みのせいでイケメンのオレの顔も手足も煤だらけじゃねえか。なんて無様なのだ。ゴン吉は自分の運命を呪った。オレがこうなったのもすべては8年前に魚屋を辞めたからだ。いや、辞めたんじゃない。辞めざるをえなかった。否応も是非も問われることなく強制的に廃業に追いこまれ、それがために「フリオちゃーん♪」が「ゴン吉」に成り下がった。落ちぶれた。とほほ。ではなぜ魚屋が廃業に追いこまれることになったのかというと、元禄13年(1700年)7月24日、生類哀れみの令のお触れがついに活魚の売買にまで及んだからなのだ。なんてぇ世の中だよ。ふざけてやがる。
吉原で買った炭一俵を担ぎ、ゴン吉は楽しかった魚屋時代の事を思い出しながら庵原川沿いの道を下っていった。あんこらぁよかったなぁ、あんなこと、こんなこと、あったっけな。なんて。西久保の手前に丘陵があり、そのあたりまでくると、すっかり日も暮れていた。ゴン吉は諦めた。なにを?って、親方に日暮れまでに帰って来いと言われていたのだ。でももう日は暮れちゃった。それに、もう足が動かねぇ、腹も減ってるから力が出ねえ。もうだめ、へとへとだ、やってらんない。どうにでもなりやがれって丘陵の登り口で炭俵を放り、寝転がった。ゴン吉は諦めた。そう、人生のすべてを。
その時である。ごーん、ごーん。とゴン吉を呼ぶ声が聞こえたような気がした。丘陵の登り道の右側には森がひろがっており、その森の方を見遣ると、何か動いているものに気付いた。ゴン吉が目を凝らしてみると月光に照らされたその姿は狐のような猿のような生き物だった。キツネザル?それはおかしい。野生のキツネザルはマダガスカルにしかいないはずだし、それにこの時代は鎖国状態なのだから輸入もできないはずだ。でもなぁ、今の将軍はちょっと頭がどうかしちゃってるから、きゃかわいいとか言って職権を濫用して駿州に珍しい生類を集めてサファリパークみたいにしちゃおうってんじゃねえか、などと考えながらその生き物をじっと見ていた。すると、どういうわけか、その生き物が「ごーん、ごーん、こっちにおいで」と手招きしているように思えてきた。ゴン吉は、わけがわからないままその狐のような猿のような生き物によちよちと近づいていった。近づくと生き物はぴょんぴょん跳ねるように森の奥に入って行き、立ち止まるとこちらを向いて手招きしているのだ。いや実際には手招きしているのではなくて、まん丸な目が赤や青に光るだけなのだが、それがどうも「こっちにいらっしゃい」といっているようにゴン吉には思えてならないのだった。ゴン吉が近づくと生き物は逃げるように先を行って待っている。そんな感じで50メートルほど進むとその狐のような猿のような生き物はふっと消えた。消えた地点まで行ってみるとそこには岩盤の裂け目のような直径50センチほどの穴があり、中を覗くと微かに赤や黄、橙に光っているものをゴン吉はみつけた。あの生き物の目ではないかとはじめは思ったのだが、触れてみると、ゴツゴツとした手触りで、それはいろんな大きさ形の石であった。うぴょー。これはひょっとして黄金やら銅の原石なのではないか。ゴン吉は胸を踊らせた。これを売れば、巨万の富を得るだろう。そしたらオレは、鍛冶屋の下働きなんかやめて青年実業家、プール付きの豪邸を建てたりなんかして贅沢三昧、うひひひひ。すばらしい。ブラボー。ビバ、キツネザル。なんてラッキーなんだ、オレ。ってって疲れもふっとんだゴン吉は持てるだけの光る石を背負ってシャンシャンウキウキ鍛冶屋への帰途についたのであった。
というのが、今の経営者フリオ・ゴンザレス27世が語った、『フリオ・ゴンザレス鉱業』の創始者、初代フリオ・ゴンザレスが鉱山を発見した時の話である。長々と書いてしまったけれども、これでもフリオ27世の話を端折ったつもり。鉱山の発見と富士山の噴火に何らかの因果関係があるのかどうかは知らんが、ともかく、この鉱山で、鉱夫として深夜に僕は働き始めたのだ。(おそらくつづく)

「とんじゃかない」と「どんじゃらほい」


清水市鍛冶町という町名はもう地図上には無いんですが、ここにはあります。太田鳥獣店というお店はまだありますけどね。
中学高校とここを毎日通っていたので、なんだかとってもどんじゃらほいって感じです。鍛冶町って町名だから40年くらい前からある看板なのかなぁ。鍛冶屋って樵(きこり)なんかとおんなじようにおとぎばなしにしかでてこない職人さんみたいでいいよね。


清水模型センターの看板でしょうかね。巴町か万世町だったかな。
古い看板が好きっていうかさ、ほったらかしというかうっちゃらかしにしてあるのが何故か好きだったりするのです。
好きなんだからしょうがないよね。
ぴっかぴかの近代ビルより惹かれます。


どこだっけかなぁ...。まあいいか。何を投入するか迷いましたが、とりあえず穿いていたルーズソックスを投入してみました。
たぶん迷惑だったことでしょう。

タイトルの「とんじゃかない」と「どんじゃらほい」は説明めんどいので時間あるとき検索してみてね〜。

旧清水市旧東海道の旧家屋だって魅力的だぁ!


旧東海道、辻町にある古い家です。
なんとなく惹かれます。好きです。
古い木が放つ色褪せた雰囲気がたまりません。
間口に6枚の戸板がはめ込まれ、その上にはガラス板が15枚、4本の柱により3分割されている、そんな規則性のある構造がとても心地よい感じです。
2Fは屋根裏部屋ですね。シャレたいい方をするとロフトですか。冬の間、穀物を貯蔵したり、憲兵に追われた政治犯を匿うのにはピッタリですね。
右端に見える赤い(朱色)の四角いヤツは消火器ですが、そんなとこにもどうも「木造」を主張しているような気もします。
ガラス板の右から5番目と6番目の間の柱に何か文字が書いてありますが、


どうも「木造」を過度に主張しているような気もします。

まぁそれもこの建物の魅力なんですが。

廃業してもシャッターで閉ざされないお店は魅力的だ!


このお店は何屋さんだったんでしょうか?絶妙な色褪せ感がとても魅力的です。右に見えるショーケースとその上の窓ガラスの感じから考えて、ショーケースにはきんつばや団子が並べてあり、店内ではおでんやお好み焼きが食べられる、清水ではよくあるようなお店だったのではないかと思われます。左下のタイル張りの壁もよい感じですね。大手町ですから、僕は何度か行っているはずなんですが、記憶にありません。どなたか詳しくご存知の方は教えてください。


これは高橋本通りにある、三段の回転窓が魅力的な建物です。このような回転窓は、この頃あまり見かけませんが、流体力学的に建物内部の気体を効率的に循環させるのにとても効果があるのではないでしょうか。ここはお店というより、何らかの熱処理を施す小規模な食品の工場ではないかと推測しているのですが。どうでしょう。


交白堂菓子店。店名も魅力的ですが、真ん中の出窓っぽいところがちょっと気になるつくりの建物です。そこではきっと何かこの店の名物を作る現場を見せることができるようになっていたのかもしれません。「ホームラン焼」みたいに。ドアがアルミサッシなのがちょっと残念です。間口も広そうだし、お店にはきっと駄菓子とおでんはあったんだろうな。もちろんコカコーラも。あ、それからピンボールマシンなんかもあったかもしれませんね。1970年代には、駄菓子屋に、おでんときんつばとコカコーラ、さらにピンボールマシンが置いてある店が何軒かありました。
このお店の写真はどこで撮ったのかはわかりません。みかど台のあたりだったかなぁ...。

清水市医師会館

旧清水市医師会館門柱
これは、旧清水市医師会館跡地のようです。医師会館なんて縁はないし、全く知らなかったけれど、その建物が無くなり、門柱だけが残って「跡地」になっているのを見ると、妙にその存在を主張しているみたいでなんだか不思議な気がします。「無くなった」のに「存在を主張している」というのは、見る者の勝手な想像なんですけどね。
廃墟ファンとしては建物も残しといて欲しかった...。とも思うけど、却って門柱だけ残ってるというのが想像を膨らませてくれるのでしょうか。


住所としての紺屋町という町名はもうとっくに無いはずなのに、紺屋町自治会は残っているようです。同じように清水には、伝馬町、鍛治町、鋳物師町、吉添町などといった地図上にはない消えた町が自治会として残っているようです。どうしてなのかは知りませんが、古い町の名前が残っているのも、旧清水市の魅力のひとつなのかもしれませんね?

夏草や〜


こちらも清水インター西交差点にあります。交通量が多くいつも渋滞している場所ですから、よりいっそうこのガソリンスタンド跡地の寂れた感じを引き出します。


店内には販促用のポスターやステッカーが見えますが、ほとんど色褪せがなく、廃墟マニアにはまだまだ物足りない感じです。
レベルとしてはEマイナス7くらいでしょうか。売り物件のようですが、あと20年くらいは、このまま放置していただきたいものですね。


このスタンド跡地は、廃墟としてはまだまだヒヨッコですが、このテーブル型ゲーム機が転がってるところが、プラス0.1ポイントくらいでしょうか。これはボタンの数から考えて、麻雀ゲームでしょうかね。
1970年代後半の初代インベーダーゲームであれば、かなりの高ポイントなんですが、そんなのあるわけないよね。


これは、色具合というか配色がよい感じですね。「棄てられた物」と「自然」が調和しつつある光景です。プラス2ポイント。真冬にはどういった配色になっているのか楽しみです。


これはインター近くにある、家具屋さんの跡地のようです。稼動しているところを見たことはないけれど、3階建ての立派なお店だったようですね。ずっと気になってて、近付いて中の様子も見てみたいと思ってはいるんですが、どうもドキドキしちゃってダメですね。なかなか近づけません。
中をのぞいた時、ひょっとして、中からも誰かが見ていたら、〜ぎゃ〜!


兵(つわもの)どもが夢の跡〜

旧清水市旧吉添町

よしぞえちょう
リクエストがあったので(ホントだよ)元画像データをアップしました。辻保育所時代です。
テレビ売っていたのにウチにはテレビが無くて、近所のおにいさんちで「おかあさんといっしょ」や「ピンポンパン」を観ていた記憶があります。
この場所が今どーなってるかは→
こちらを見てね。大手町通りの「魚茂」や「かしは家」の裏くらいなんですよ。

つじほいくしょそつぎょうしき
辻保育所あおぐみ卒業式の頃ですね。リクエストはありませんが、アップしてみました。やっぱりみんなかわいい時はありますね。
この頃は八坂町に引っ越していて新幹線のガードの北側ということで学区が変わり、小学校は辻小ではなく飯田小に通ったのでした。おかげで活動範囲が広がりました。

桜橋付近のハイオクオブジェ


これは「ハイオク」なのか、それともアーティストによる「オブジェ」なのか、わかりません。「ハイオク」であれば何か災害があったのでしょうね。左側に何かが落ちたのでしょうかね。

しかし、ドラム缶の位置や配色から「オブジェ」ではないかとも考えられます。


その左側から見た模様です。焼けた跡はありませんから火事ではないと思います。(例の放火事件跡地は別の場所です)半壊の原因も放置されている理由も謎ですね。

それにしてもこういった場所で必ず目に入るのは「ガリバー」の看板ですが、...あれ、ガリバーといえば...

むかしのとうふ

むかしのとうふ
「昔の豆腐」とはどんな味だったのだろう。
豆腐は今スーパーでは一丁38円の量産豆腐から180円の高級豆腐も売られている。
まちの豆腐屋さんはやっていけないんだろうな。
食べたかった、...川口食品の「むかしのとうふ」
今はもうありません。
ホントに「昔の豆腐」になってしまった...。

川口食品
食べたかった。
というか、食べたはずなんだけど思い出せない...。
杉山医院のすぐ近くあるよ。営業はしてないけど。

もの干し台

もの干し台
この頃はあまり見られなくなった「もの干し台」です。
「ベランダ」が主流ですからね。
もうすっかり(みごとに)朽ちているようです。
台に上がるのは危ないでしょうね。

しかし「経年」というテーマを伝えるりっぱな「作品」です。

68点!

| 1/2PAGES | >>

kuriden3をフォローしましょう Instagram

selected entries

categories

links

search this site.

          

ヤフオクもよろしく

recent comment

archives

others

mobile

qrcode